2005年09月10日

とうとう明日は選挙ですね

期日前投票などされている方も、ちらほらと聞きますし、
今回の選挙に関してはいろいろみんなエネルギーを注ぎ込んでいるようです。
SNSのmixiの中でも、議論も活発だったので、
見ていて、自分なりにどこに入れようか等、結論が出せました。
マルチポストで、”アメリカ陰謀論”が投稿されまくっていて、
色々な憶測をしちゃいましたが、結局どこに入れようとも、
郵政民営化はしないと駄目だし、今民営化するか、もっと税金をつぎ込んでから
やらないといけない状況になってから民営化するかの違いしか政党間の違いがわからないし、
今回、若い人も選挙に来そうだ、ってことで、若者の耳に良く聞こえるような
子育て支援を謳ってるのかなって思ったりで、似たり寄ったりか・・・と落胆してみたり。

結論は出てますが、不安も大きい状態ですが、
ブログでTBもらった方の考え方など影響を受けながら、選挙に行ってこようと
思います。

posted by みゆ at 11:18| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、とおりすがりのものです。

今回の選挙はとかく郵政だけに目がいってしまいますが、他にもたくさん大きな課題があると思います。その最たるものが憲法改正だと思っています。
9条の改正もアメリカの要求の一環で、日本が本格的にアメリカの世界戦力の一躍を担うためのものだと考えています。

確かに郵政民営化について「アメリカ陰謀」というと、胡散臭いかもしれませんが、他の政策についてアメリカの影響力を考えると、違和感が無いように思っています。

もしそういった陰謀がなかったとしても、なぜ小泉さんは「郵政民営化が公務員削減になる」と、あたかも独立採算制の公社に税金がつぎ込まれているかのような宣伝をするのでしょうか。そういった嘘を平気で宣伝する政治家に、不信感を抱かないわけにはいかないです・・・あくまで個人的意見ですが。

また、郵政公社が将来先細りになる責任は、公社を監督する国の指導が足りないからで、郵便局の国民に果たす役割を丸投げして民営化することもどうかと考えます。
なぜ経営の改善に尽力しないのでしょうか。

アメリカの郵便局ですら収益が回復しているときいたことがあります。

と、ながながすいません。。。不愉快な思いをされたらごめんなさい。なんだか小泉さんのやり方に理不尽を感じて、書かずにいられませんでした。
Posted by at 2005年09月10日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。