2005年08月03日

自分の嫌韓の考えまとめてみる

今まで、韓国の反日についてのニュースを批判なりしてきた私ですが、
現時点での私の考えをまとめておこうと思います。

在日韓国・朝鮮人の歴史等は、他のHPやブログサイトなどを読み、
知った程度です。深いことはよく知らないっていうある意味無責任な日本人です。
普通に出会って、楽しく話をしたりとかしたら韓国人であろうが、
中国人であろうが、別に”いい奴じゃん”で終わります。
これは、不良って呼ばれ、クラスのみんなから怖がられ、
話し掛けもしなかったが、ひょんな事から話すきっかけをつかみ、
「なんだ、話してみるととてもいい人じゃん」みたいなものです。
親中、親韓などのHPやブログサイトで、”私の周りの韓国や中国の人は、いい人もいる”と
書いている方はおられると思うのですが、それは当り前なんです。
個人VS個人だと。

結局のところ、嫌だなって思うのは、集団VS集団になった時です。
これは日本人でもあると思うのです。
例えば、隣の家の騒音問題。
こうなると、家族VS家族になります。
隣の家の人って最低よねって、どんどん溝は深くなっていきます。
ちょっとした物音でも、”またうるさい!最低!”ってな感情に・・・。

今度はちょっと広くしてみて、奈良県VS京都府 くらいにしてみましょうか。
新幹線、名古屋から京都経由して大阪に行ってますよね。
どうも奈良の人に聞くと、名古屋から奈良、大阪という経路の
計画があったらしいです。それが何故か京都経由に。
聞くところによると、京都が強引に京都にいくようにしたらしいです。
・・・・と、真偽のほどは知りませんが、こうなると、
「京都って奈良よりも後にできた都のくせに〜」とか
「奈良なんか新幹線通しても京都ほど観光客来ないよw」
・・・・と、集団VS集団の戦いになっていくのです。
市町村合併がもめるのもこの辺の感じですかね。

今度はもっと大きくしてみましょうか・・・ってもう要らないですか(笑)
まあ、言わせてください。関西VS関東ですが(^^;)
2ちゃんねる見てもよ〜くありますよね。関西人嫌いみたいなスレ。
あれも根が深そうですよね。
σ(-_-)ワタシ、関西人です。こまか〜く言うと、京都人でした。
今は大阪人ですが。
京都人、大阪人と一緒に関西人にして欲しくないって思うプライドがあるらしいです。
多分、関東でいうと、栃木とか千葉とかそういう感じ?「田舎もんと一緒にせんといて。
一緒に都会人ぶるなや。」っていう意識、東京の地元の人持ってそう。
関西からみると、どっちも同じ関東人。
関西VS関東という戦いになったら、関東の人で手を取り合うでしょうし。
味対決であったり、綱引きであったり・・・。

在日韓国・朝鮮人で、「私たちは反日を繰り広げてる韓国の人らとは意識ちゃうわ!」
というのありそうです。日本に帰化した人とかもそうでしょう。
そりゃ、そうです。集団として分類したら、韓国在住の韓国人ではないですから。
関西人の京都人、大阪人みたいなもんです。関東からみたら、みんな関西人で、
漫才しそうなんです。ぼけ、つっこみが当り前にしてそうな。
この場合の、関東人が、日本在住の日本人なわけです。

・・・・と何がいいたいのかわからなくなりそうですね。
私もうまくまとめられない気がしてきました。(じゃ書くな・・・って言わないで)

もし、在日韓国・朝鮮人であっても、
日本に住んでいる人 VS 韓国に住んでいる人
という対決とか戦いだった場合、在日であろうが国籍がどうであろうが、
関係ないんです。他の例として、黄色人種VS白色人種とかね。
今は国籍が日本VS韓国(北朝鮮)とかになるので、
大(国)を見て小(人格)を量るということになります。

私は日本在住の日本人です。
日本在住の日本人集団所属で、韓国(朝鮮半島)在住の朝鮮人集団や
日本在住の朝鮮人集団には属していません。
だから、反日の内容には、腹を立てますし、批判しますし、韓国の人って最低って思います。
朝鮮民族というくくりにすると、在日も同じように見えたりします。
な〜にが、韓流じゃい!って思います。

個々として付き合えば、多分こんなこと言いません。
人として最悪だったら言うかもしれませんが。
結局のところ、集団になった時点で、集団同士分かり合える時なんて
同じ共通点のくくりを持たない限り無理だろうと思います。

うまくまとめられなかった感がありますが、まとめたつもりになってみました。
posted by みゆ at 18:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国・韓国(朝鮮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

反日の基となる歴史
Excerpt: 『在日』といっても一概に同一視しないでくれ。という言葉をよく聴くのですが、私が過去に知り合った『在日朝鮮人』と言う人種に、私は違和感しか感じたことはありません。 1.自分中心の思考でしか考えず、人は..
Weblog: 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
Tracked: 2005-08-25 11:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。