2005年07月24日

人権法案の今国会提出断念 自民党、郵政を優先

どうも混乱中で、提出が断念されたようですね。
ちょっと”ほっ”っていう状態でしょうか。

私、最近思うのです。
今一番びっくりニュースにできるのは、
もしかしたら次の国の選挙(衆議院、参議院関連)で、
団体票だけでは決まらないように、選挙にみんな投票しにいけば、
公明とかの創○学会の団体票で強い所、すこしは揺がすことが出来るのではと。
それも、ネットで”団体票をつぶすぞ”的な運動が起これば、
少しは一般の国民の怖さを政治にぶつけることができるのではないかと。

今民主党が、世党@net
というものを取り入れているけれど、
人気取りを始めているのかなと思う。
別に民主党に入れるつもりはない。入れると人権法案が通ってしまいそうだから。
どこどこの政党に投票したら、こんな政治をされるという風な、紹介分析サイト等が
できてそこを参考に、投票ができたらなあと考えています。

人権保護法案を反対したい人が入れればいいのはこの政党だ!!とか、
分かる分析したサイト。
ほしいですね。



自民党は23日までに、党内の調整作業が難航していた人権擁護法案について今国会提出を断念する方針を決めた。自民党幹部は同日、滝実前法務副大臣が郵政民営化関連法案の衆院本会議採決で造反し罷免された影響で、衆院法務委員会が空転していることなどを理由に挙げ「この状況で法案を出すのはみっともない。(見送りの)腹は決めた」と明言した。
 8月13日に会期末を控え、党執行部は郵政法案の成立を最優先する方針で、党内で反発が根強い人権擁護法案の提出手続きを進めようとすれば、さらに党内の混乱を招きかねないとの判断も働いたとみられる。
 同法案は、政府が今国会提出を目指していたが、党内から(1)人権侵害の定義があいまい(2)人権侵害を調査する「人権擁護委員」の選任基準に国籍条項がなく特定団体の影響を受けかねない−−などの反対意見が出て、調整が難航していた。
(共同通信) - 7月23日12時8分更新
posted by みゆ at 10:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。